糖尿病になると、合併症を引き起こす可能性があります。 その合併症で命を落とす危険があるので、早めに治療するようにしましょう。 糖尿病の合併症で有名なものは、以下の3つです。 ・糖尿病神経障害 ・糖尿病網膜症 ・糖尿病性腎症 糖尿病神経障害は、合併症の中でも最も早く現われます。 神経に障害が出てしまい、手足がしびれたり、感覚が鈍くなるでしょう。 それに、立ちくらみや発汗異常など、自律神経に関する障害も現われます。 糖尿病網膜症とは、糖尿病のせいで網膜の血管の流れが悪くなり、視力が低下したり、白内障になってしまうことです。 最悪の場合、失明する可能性もあるので、気をつけないといけません。 糖尿病性腎症は、腎臓の働きが悪くなってしまい、自分で尿を作ることができない状態です。 重度になってしまうと、人工透析によって機械で尿を作らないと生活することができません。 一週間に数回病院に行って人工透析を受けないといけないので、日常生活に大きな支障をきたします。 これらの危険な合併症を発症させないためにも、糖尿病を早期に治療して、血糖値をきちんとコントロールするようにしてください。